Impressions MENU

PETTALOM / The Wine of the Night (2000)

投稿日: 2000/08/20

Katia Santana 嬢のソプラノを中心とした(男声とのデュエットもアリ)、正統HMのパワーを身に纏ったクラシカルでシンフォニックな耽美ゴシック・・・といえば、やっぱ連想するのは NIGHTWISH(こっちもホーホホホホーッ とか唄ってるし/笑)だが、やや演劇的な要素が強いせいか、どっちかっつーと DREAMS OF SANITY に近いかも。
透明感溢れるソプラノ・ヴォイス、そして壮麗な叙情演出の数々が織り成すドラマには、本家と比較するのをためらうほどのチープなプロダクションとあまりにも稚拙な演奏技術を充分にカヴァーする魅力がある。
ピアノとソプラノが絡む小曲 "Serenade to a Sleeper Fairy" の噎せ返るような哀愁美は見事。
あ、ちなみにブラジリアンです。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 72
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する