Impressions MENU

WITHERING SURFACE / Walking on Phantom Ice (2001)

投稿日: 2001/11/20

ツイン・ギター&キーボードの6人編成のデンマーク産メロディック・デス・メタル・バンド WITHERING SURFACE の、日本盤でもリリースされた2枚のアルバムに続く 3rd アルバム。
専任キーボード・プレーヤがいながらも鍵盤の音色はホンの味付け程度に、やや落ち着きめの絶叫ヴォイスから低いグロウルまで様々なデス声で威圧しながらサビでは濁声ながらしっかりとメロディを綴る歌声と、それに呼応するように常に哀愁のテーマ・フレーズを奏で続けるギターが、小気味良く手数を繰り出すダイナミックなドラムに乗って作り出すコンパクトにまとまったヘヴィ・メタルは、IN FLAMESSOILWORK の中間に位置する風合い。
その2バンドに通じる路線に一連のフィンランド系明快ノリノリゴシックの味わいも少々加えつつキャッチーに展開する楽曲は、ぷんぷんと香り立つロック・バンドとしての腰の据わった生々しいダイナミクスが魅力的。ギタリスト Allan Tvedebrink による、有機的なエモーションを纏ったテクニカル・ギター・ソロもバンドの看板としてカナリ美味しい。
ただ、プレイの質も高いし一曲一曲は良く出来ているが、決め手の曲に欠けるせいかどうにもアッサリと薄味なのが、やや物足りないかな。聴いていて気持ちのよいアルバムなのは確かなんだけど。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 78
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する