Archve ArchveArchve Archve Archve

Monthly Archives: 12月 1999

loop loop loop loop loop

Tunes of Steel

ややクラシカルに疾走する北欧クサクサ・スピード・メタルの新星。 ジャーマン出身かと思わせるヘナチョコ・チキン・ハイ=トーン・ヴォイス(笑)がクサさを倍 … Continue reading

Posted in Impressions, Z | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Plaintive Scenes

笛系のリードメロディで哀愁たっぷりに始まったとたん、「あぁ、イイジャン・・・」って思わず呟いてしまった。 ディープデスヴォイスと明々朗々な歌唱、そして … Continue reading

Posted in Impressions, Y | Leave a comment
loop loop loop loop loop

The Journey

TEN のギタリストのソロ。 欧州の愁いはホンの少しで、大陸的な開放感に包まれたサウンドはやや期待外れ。安心のクオリティではあるけど、その淡白な楽曲群 … Continue reading

Posted in Impressions, V | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Edge of Time

日本が誇るハイクオリティなプログレッシヴ・メタル・バンドの2nd。 先進性を追求しながらもあくまで自らが「メタル」であることに拘った作りは、さながら … Continue reading

Posted in Impressions, V | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Far Off Grace

影の実力バンドとしてマニアの評価は高い VANDEN PLAS。今回のアルバムも相変わらずハイ・クオリティ。 ヘヴィなメタルリフ攻撃とプログレッシヴマ … Continue reading

Posted in Impressions, V | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Infinita Plango Vulnera

Spinefarm 系列のゴシックレーベル Spikefarm からの刺客、SILENTIUM は、ヘタウマ男声シンガーと女性ソプラノにツインギター、 … Continue reading

Posted in Impressions, S | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Made in Japan

デビュー作で全開だった悪ノリは少々後退。インパクトが稀薄になった分、我々メタルファンには彼らのメタルバンドとしての本質がダイレクトに伝わりやすくなった … Continue reading

Posted in Impressions, S | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Seven Wishes

80年代のLAメタル全盛期のバンドを想起させる元気系HRと、欧州的なオーセンティックなヘヴィ・メタルをブレンドした趣。 あるときはキャッチー、ある時は … Continue reading

Posted in Impressions, S | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Mistress of the Shadowlight

HELLOWEEN, ANGRA, GAMMA RAY をお手本に BLIND GURDIAN のドラマ性を風味として加味したイタリアン・シンフォニッ … Continue reading

Posted in Impressions, S | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Still Life

耽美デスの孤高の存在 OPETH だが、本作はついに来たね。凄いよ。化け化け。 アコギの激泣きパートとツインギターのウェットな切ないハーモニーが乱舞す … Continue reading

Posted in Impressions, O | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Angels of the Apocalypse

スリリングさに重きを置いたハード・フージョン系テクニカル・プログレッシヴのはずだった MASTERMIND が、いきなり女性シンガーを立て、その上ネオ … Continue reading

Posted in Impressions, M | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Roots of Eternity

メロウな哀愁旋律を撒き散らしながら勇壮に疾走する、デンマーク産メロディック・スピード&パワー・メタル。 中音域でしっかりと歌うシンガーの印象からか、大 … Continue reading

Posted in Impressions, M | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Animatronic

MARILIN MANSON と比較してもなんら遜色のない超ハイクオリティな仕上がりに驚愕。こりゃあ「デジタル・ディスコ・デス」・・・イヤ、「ジュリア … Continue reading

Posted in Impressions, K | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Silent Scream

期待のセカンドはメジャー配給。(祝) 相変わらず、容赦なく急所(様式ツボ)を突いてくる素ん晴らしいタイム感を備えた超絶ギタープレイが、存分に堪能できる … Continue reading

Posted in Impressions, K | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Slipped into Tomorrow

ううむ、、、もろブルーズベースではないにしろ、燻し銀のヘヴィ・ロックで北欧臭は皆無。ギタープレイ自体は熱さムンムンのペンタトニック弾きまくりで、プレイ … Continue reading

Posted in Impressions, J | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Out of Fear

様式美メタルとハードポップをブレンドし、DREAM THEATER 的プログレメタルアレンジで武装した、話題のコリアン・メタラー。 全体の印象は、言い … Continue reading

Posted in Impressions, J | Leave a comment
loop loop loop loop loop

It Happens

アイリッシュ系イギリス人男女によるケルティック・ニュー=エイジ・ユニット。 ビートを刻むリズム楽器はほとんど登場せず、哀愁に満ちたアコースティック・ギ … Continue reading

Posted in I, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Age of Innocent

HAREM SCAREM から覇気をなくして哀愁を加えた感じ。 曲自体は特に、地味ぃ~な声にあまり魅力を感じなかった。 妙に弾きまくるギターが、なんだ … Continue reading

Posted in E, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Crossing the Bridge

「リバーダンス」オーケストラや「タイタニック」のサントラにも参加した米国女性フィドラー Eileen Ivers の3rd。 伝統的なケルティック・ト … Continue reading

Posted in E, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Dragonlord

イタリアン・シンフォニック・クサメタル。 当然 RHAPSODY や LABYRINTH の域には到底達してはいない(つーか多分到達し得ない)限りなく … Continue reading

Posted in D, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Unplugged

アイリッシュ A.O.R. ポップバンド、CORRS のアンプラグド・ライヴ盤。 いや~、冒頭の “Only When I Sleep&# … Continue reading

Posted in C, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Morning Crimson

シンフォニック・疾走・ドラマティック・ブラック。 驚くほどにハイクオリティで、リリカルな泣きフレーズをキーボードが華麗に装飾し、リズム隊の整合感もバッ … Continue reading

Posted in C, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Legends

完全にノックアウトさせられた前作と比較すると幾分ソリッド&コンパクトな印象ながら、そこはやはり湿り気と憂いに満ちた、威風堂々たる極上のハード・ロック・ … Continue reading

Posted in B, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Being Human

国産らしからぬ David Coverdele 型の熱き歌唱と、各所でテクニカル&エモーショナルなプレイを決めるギターを中心とした骨太な HR は、第 … Continue reading

Posted in B, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

From Within

スウェーデン版 KING CRIMSON(苦笑)期待の新作。 独特の荒涼感と美旋律が浮遊する不条理系プログレッシヴの最高峰。デス・メタルとは違った意味 … Continue reading

Posted in A, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Omega Conspiracy

40点。(笑) 確かに目新しさのない昔どおりのオールド・スクールな様式派激走スラッシュ・メタルだけど、新任のハイトーンシンガーも含め演奏は上手いわ楽曲 … Continue reading

Posted in A, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Elodia

これはもう「ヅカ(宝塚)・メタル」と名づけてしまおう!(笑) シンフォ・パートをクラシック楽団が奏でるシンフォニック・チューンに男女シンガーの激唱が交 … Continue reading

Posted in Impressions, L | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Oblivion Days

Lana Lane のダンナの最新リーダーアルバム。 そのファンタジックなジャケットに描かれている世界観どおりの、幻想的プログレッシヴ・サウンドが存分 … Continue reading

Posted in Impressions, R | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Nomansland

今までの代表作からの絶妙な選曲っつーのに加え、パフォーマンスも非常にイイ感じのテイクが収録されていて、ホントにベスト盤聴く感覚で末永く楽しめそうなライ … Continue reading

Posted in Impressions, J | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Pete Sandberg’s Jade

Pete Sandberg のハスキーな声の魅力を十二分に生かした、オーソドックスかつヴァリエーション豊かな北欧ハードロック。 バラード系の曲は出色の … Continue reading

Posted in Impressions, P | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Technical Difficulties

祝!再結成! そして祝! Paul Gilbert メタル帰還! 往年の様式色は控えめだけど、弾きまくり&叩きまくり(笑)で、アメリカのヘヴィ・メタル … Continue reading

Posted in Impressions, R | Leave a comment