Impressions MENU

GANDALF / Deadly Fairytales (1999)

投稿日: 1999/01/20

フィンランド産メロディック・デス。「指輪モノ」かッ?と思わず身を乗り出す GANDALF ってバンド名とアルバムタイトルの “Deadly Fairytales” って響きから連想そして期待されるファンタジー臭は「皆無」なのをまずご了承ください。(笑)
とはいえ、つまらないわけじゃない・・・つーか、メッチャええヤンケ!
純 HM 的なリフにツインギターの哀愁フレーズが絡みつつ、そこにワメキ系咆哮デス・ヴォイスが載って・・・という、“Amok” の頃の SENTENCED“Whoracle” での IN FLAMES、そしてエロジャケで話題沸騰の(笑)CRYHAVOC に代表される非常に聴きやすいスタイルで、潔くもキーボードや女声による装飾は一切なし! まさに「男は黙って哀愁デス」って感じ。(笑) 最近の壮麗なシンフォ・アレンジに慣れた耳にはこのシンプルさはかえって新鮮。ツインギターの扇情メロディが浮き上がってくるしね。
この GANDALF の持ち味であると思われるのは収録曲の大半を占める普遍的な正統メタル=デスな楽曲だが、ブルータルに突進する爆裂デスラッシュ・チューン “Dark Memories”、アコギが哀愁のノルディック・フレーズを奏でるヴァイキング・メタル調の “Eternal Fire”、初期 INFLAMES を思わせる疾走ワルツ “Stronger than Hell” など、毛色の変ったアクセント的楽曲もなかなかイケる。
ちなみにプロデュースは CHILDREN OF BODOM“Something Wild” を手がけた Anssi Kippo。そして所属レーベルのWicked World は EARACHE系 の新レーベルだ。期待株です。 (99/01/27)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 86
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する