Impressions MENU

RATA BLANCA / El Reino Olvidado (2008)

投稿日: 2008/12/20

「アルゼンチンの RAINBOW」、RATA BLANCA の10thアルバム。

本作もこれまでの作品と同様に、収録曲の大半から強く聴こえてくる “Straight Between the Eyes” 以降の RAINBOW そして Joe Lynn Turner 在籍期の DEEP PURPLE の風味が、無条件にこの胸を高鳴らせる。 Walter Giardino (g) のソロはもちろん何気ないオブリガードの一瞬々々に漲らせる「Ritchie Blackmore 愛」の本気度の高さはマジ尊敬に値するほどで、その“王道”の本質を最も正確な形で受け継いでいる者が北欧/欧州ではなく南米に存在するという事実に、改めて驚かされる。

そんな南米のバンドだからこそ、Adrián Barilari (vo) の元ネタ群とは全く異なる質感のスパニッシュな熱唱が、ともすれば「上等なコピー・バンド」の一言で片付けられそうな音楽性に RATA BLANCA 以外の何者でもない個性を付加しているとも言えるんだろうね。

ホント、死ぬまでに一度はライヴを体験したいバンドのひとつッスわ。。
 (Dec, 30, 2008)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 85
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する