Impressions MENU

PAGAN REIGN / Ydeli Biloy Veri (Уделы Былой Веры) (2004)

投稿日: 2005/04/20

ロシアン・ペイガン・メタル・バンド PAGAN REIGN の 3rd アルバム。

今時珍しい手書きロゴと着目点不明のヘッタクソな寒村アートワークが連想させる「シケシケなC級フォーク・ブラック」なイメージとは裏腹に、スピーカーから飛び出してきたのは、予想外に立派な出で立ちのキラキラと煌くキーボードを身に纏った勇壮なるシンフォニック・メロディック・ヴァイキング・バトル・ブラック・メタル。

古来の武具に身を包み凛々しく武器を構えた5人のロシアの若者達が歌い奏でるその視点/テーマは、ヴァリャーグ人(ヴァイキング)の侵略に対して祖国を守らんとするスラヴ人戦士の死を賭した戦いに擬(なぞら)えた自国の栄光と誇り・・・と「対ヴァイキング側」の立場のものなので、正確には「ヴァイキング」という形容は適当でないかもしれないけど・・・まぁそんな細かいことはどーでもいいか。(苦笑)

とにかく、かの王者 MITHOTYN に通じる寒々しいプリミティヴ・ヴァイキング・ブラックの無骨な魂が、針葉樹の森に木霊するアコギの悶々としたフォークロア風味と雪解けの雫をキラキラと滴らす1st~2ndの頃の CHILDREN BODOM 的な明快な激クサ哀愁フレーズに支配されたかの、いい意味でB級な荒涼感に包まれた悲愴旋律の嵐が荒れ狂う様ったら、マジで悶絶なんスわ!

魂を込めて絶叫すると共に、ややつたないながら殺傷力高いギター・フレーズを繰り出す中心人物 Orey (g, vo) の存在をフィーチュアしながらも、個人技よりは総合力で勝負する勇壮に展開を重ねる壮大な叙事詩は、全編がハイライト。 中でも、悲哀に満ちた感動旋律の止め処なき展開に失禁&脱糞必至の #4 “Destinies of Bygone Faith (Уделы Былой Веры)”、そして寒々しいメロウ・パートからキラキラ・フォークロア・ワルツを経て燃え滾るクサクサ大疾走に雪崩れ込む流れに確実に死ねる #6 “In Winter Embraces (В Объятиях Зимы)” というド悶絶チューンズは笑えるほどに最強だ。

コレ、街中や電車の中で聴くのはちょいと無理だなぁ。 なぜなら、聴いたが最後、人目を憚らずについ号泣しながらヘッドバンギングしてしまうから!(狂)

  • いいね! (1)
  • よくないね! (0)
満足度 : 93
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する