iMetal Blog MENU

週刊ナイスメタル (WN 32, 2021)

2021/08/09 | カテゴリー : Metalネタ

先週はニューリリースチェックもそこそこに、RAINBOWばかり聴いてました。ルーツ中のルーツ。始まりの始まり。いつ聴いても「刷り込まれたものが浮き上がってくる感覚」がたまんないすね。

The Temple of the King

哀メロ炸裂なイントロから、Ronnieの声が反則的な長調で入ってくるAメロの瞬間に悶死。

Tarot Woman

「キーボード入りバンド:RAINBOW」としての魅力が完璧に発揮されているバンド史随一の神曲。

Still I'm Sad

2枚に亘る全曲のどの瞬間も最高なんだけど、この曲のこのバージョンのドライヴ感がやっぱたまらんな。

Sensitive to Light

名曲群の合間の地味め担当曲(笑)の中途半端な軽快さが、これまた魅力。今聴くととても英国的。

Makin' Love

青筋立ててガナりまくるだけ(※加入当時の印象w)のGraham Bonnetのメロウサイドの実力が炸裂。

Magic

外部ライターの曲ながら、Joe Lynn Turnerの魅力全開。長短を絶妙に行き来するテーマが心を鷲掴み。

Stone Cold

Ritchieのソロ構築力が徐々に残念なことになってきつつあった中で、この曲のソロの刺さり方は奇跡。

Desperate Heart

Dave Rosenthalの貢献か、再びキーボードの重要度が復活した印象。中でもこの曲のモダンな哀愁が◎。

Wolf to the Moon

「RAINBOWかくあるべし」を狙いすぎな"Black Masquerade"より、Doogie Whiteの良さが伝わるこの曲のが好き。

  • いいね! (27)
  • よくないね! (2)
ブログ記事を探す 最新の投稿を見る 月別で一覧する カテゴリーで一覧する
フリーワードで検索する