Impressions MENU

CAGE / Science of Annihilation (2009)

投稿日: 2009/10/01

米カリフォルニアはサンディエゴ出身の5人組パワー・メタル・バンド CAGE の5thアルバム。

先頃の ProgPower USA X にも出演し、まさに “Metal on Metal” な熱いステージを展開していた彼らだが、このスタジオ作にもその時の光景が瞼の裏に浮かぶような熱気が封じ込められている。

そのルックスからして Rob Halford への至上の愛を滲ませるシンガー Sean Peck の高圧ハイトーン・ヴォイスと剛健な鋼鉄サウンドの風合いは JUDAS PRIEST の名盤 “Painkiller” を想起させるが、派手に弾きまくるマッチョなツイン・ギターと大味な展開がドッタバッタと暑苦しく疾走する様には、かの HELSTARAGENT STEEL にも通じるアンダーグラウンドな’80s U.S.パワー/スピード・メタルの醍醐味がたっぷり。

とにかく、全編に亘ってピュア・メタル魂の鼓舞を牽引する Sean の歌声が良くも悪くもインパクト最強。 剛球一直線かと思いきや、King Diamond の影響を匂わせるファルセットを交えたシアトリカルな表現力も持ってたり。(嬉)

 (Oct, 1, 2009)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 82
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する