Impressions MENU

RAVENTHRONE / Malice in Wonderland (1999)

投稿日: 1999/01/20

この RAVENTHRONEPAZUZURay WellsENGELMACHERArmand Hortolomei によるプロジェクト。
壮大かつ荘厳な協奏曲的オーケストレーションから細やかな室内樂的クラシカル・アレンジまで凝りに凝ったシンフォニック・サウンドが炸裂し、そこにヘヴィ・メタルであることを主張するノイジーなギター・リフにデス声、普通声、そしてヴァイキング・メタルを思わせる「漢クワイヤ」(笑)が絡み付くという、ちょっとだけブラック寄りのゴシック=デス。
楽曲はどれもコンパクトでキャッチー(あくまで”比較的”ですよ~^_^;)で、シンフォ・パートが幻想的なイメージを上手く作り上げていて、そのメロディはときに希望的ですらあるほど。
ただ、細部まで計算された感のあるシンセ・パートとは裏腹に、シンプルで代り映えのしないギター・パートのアレンジと、そのメタル・リフの強烈な歪みを伴ったイマイチな音色が、折角の耽美性をカナリ損っているような感触を受ける。これが結構痛かった。うーん、シンフォ・アレンジによる雰囲気作りは確かに「捨てがたい」どころか他の同類より明らかに数歩先を行っていると断言出来るだけに、惜しいね。 (99/01/16)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 79
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する