Impressions MENU

LIV KRISTINE / Deus Ex Machina (1998)

投稿日: 1998/05/20

今や「重鎮」としてゴシック界に君臨する人気バンド THEATRE OF TRAGEDY の女性シンガー、Liv Kristine の初ソロ作は、ゴシック系にありがちな「雰囲気だけ」ではなく、歌メロもある意味キャッチーで、純粋にヨーロッパの陰りある風景を疑似体験できる、非常にコンテンポラリな仕上りの好盤だ。
彼女の、その身に纏った純白のドレスの如く透明感に満ちた美しい歌声は、その幻想的で幽玄たる楽曲と相俟って、SIRENよろしく聴くものを魅了する。幻想的とはいうものの、POPな面もあり、元 The3rd and Mortal のシンガー Kari のアルバムのように、宗教的/呪術的な部分が少ないっていう点も、一般リスナーには入り込みやすいかも。
ちなみにシングルでもある “3am” では Nick HolmesPARADISE LOST)とのデュエットも聴けるが、ここでの彼はPOPシンガーに徹している
しかし、本作のジャケやインナーでの彼女のルックス、THEATRE OF TRAGEDY の1stの頃の写真(結構見れる)とは随分違うなぁ・・・。太った? ううむ。
梅雨になったら、本作に身を任せつつ、雨のそぼ降る田舎道をドライブしよっと。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 83
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する