Impressions MENU

KANSAS / Two for the Show [30th Anniversary Edition] (2008)

投稿日: 2008/07/20

アメリカン・プログレ・ハードの雄 KANSAS の初期の名ライヴ盤が、リリース30周年を記念して “30th Anniversary Edition” として再発。

リマスター、そしてオリジナルLPと同様に2枚組とすることで、以前1CD化の際に収録時間の問題でカットされた “Closet Chronicles” を再収録すると共になんと当時の未発表ライヴを10曲も追加収録!? いやーこれはまさに「真・偉大なる聴衆へ」と呼んでしまいたい!!(大興奮)

それにしても、この Steve Walsh (vo,key), Kerry Livgren (g,key), Phil Ehart (dr), Rich Williams (g), Dave Hope (b), Robby Steinhardt (vo,violin) という初期の神々しい黄金ラインナップでの当時のショウは、今改めて聴いても本ッ当に強力。 結成40周年に届こうとする今現在でも意外なほどに老化を感じさせてはいないバンドだけど、当時の若々しいエネルギーとスピーディな切れの良さで、現代プログレッシヴ・メタルの礎にもなったアーティスティックな名曲群が超ドラマティックかつ超キャッチーに奏でられる様はマヂで圧巻。

あぁヤヴァい・・・。 人生何度目かの「マイ KANSAS 大ブーム」が巻き起こりそうだ・・・。
 (Jul, 05, 2008)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 97
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する