Impressions MENU

SHADOW GALLERY / Tyranny (1998)

投稿日: 1998/09/20

いかにもプログレ然とした場面転換を多用した演劇的手法を緻密に織り込みながらも、米国出身らしい良質の明解さを湛えたキャッチーな歌メロを中心とした解りやすいドラマティックHM で、良くできたコンセプト/歌詞のせいもあって複雑かつ壮大に展開するテクニカル・ファンタジック・メタルに存分に耽溺することができる。
全編を支配する緊張感と優美さのバランスが過去2作と比較して格段に進歩している様子には、新鮮な驚きを禁じ得ない。本作で一皮剥けたッって感触がバリバリだ。
「アルバムすべてで一曲」とも言えるコンセプチュアルな楽曲は他に類を見ないほどドラマティックで、歌詞を追いながら集中して聴いていると、確実に自分の中の何かが変革していくのを感じ取ることができる程だ。特にACT II の中盤から後半、ゲスト女声シンガー Laura Jaeger の切ない歌声とセンチメンタルなストリングスを配した “Spoken Words” の儚さに酔いつつ D.C.Cooper (ex?(笑)ROYAL HUNT ) をフィーチュアした鬼気迫る超大作 “New World Order” に戦慄し、超絶テクニカルインスト “Chased” を経て穏やかな安堵感が心地よい “Ghost of a Chance” そしてエンディングのバラード “Chiristmas Day” での壮絶な泣きを体験するまでの凄まじき流れは圧巻の一言。
・・・と、本作はホント素晴らしい作品なのだが、ここで一つ苦言として相変わらずの厚みに欠けるプロダクションによる各楽器の線の細さが楽曲本来のダイナミックさを数パーセント削ぎ取っているのを、あえて挙げておきたい。だって Carl Cadden-James の意地も解らぬではないが、メタル的エンジニアリングにもっと精通した外部プロデューサが構築したこれまで以上にダイナミズムに溢れた作品を聴いてみたいぢゃないですカァッ! 贅沢?
しっかし SHADOW GALLERY の「静」の部分って、かつての80’sハワイアン様式メタルの SACRED RITE を連想(そういやシンガー Mike Baker @意外とコワモテの声質も似てるわ)させません?>マニアの方々

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 89
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する