Impressions MENU

DEICIDE / The Stench of Redemption (2006)

投稿日: 2006/09/20

米フロリダのデス・メタル・バンド DEICIDE の8thアルバム。

ツアーに参加していた Ralph Santolla (g/ex-ICED EARTH, MILLENNIUM, EYEWITNESS, DEATH, SEBASTIAN BACH) がまさかの正式加入。暴虐の肉体派骨太デス・メタルの上で、敬虔なクリスチャンだという Ralph が彼のキャリア史上最高に華麗なギター・ソロを武器に極悪サタニスト Glen Benton 先生 (vo,B) が発する醜悪な邪気に果敢に戦いを挑む「神と悪魔の終末戦争」の高揚力は、とにもかくにも超強力。

歴史あるフロリダのデス・メタル・シーンが長年目指し続け、そして今ここにようやく辿り着いた究極の最終形態・・・それは、「史上最凶のネオ=クラシカル・メタル」の姿だった。おめでとう!
 (Sep, 11, 2006)

  • いいね! (1)
  • よくないね! (1)
満足度 : 89
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する