Impressions MENU

CATHEDRAL / Caravan Beyond Redemption (1999)

投稿日: 1999/01/20

CATHEDRAL って、似たように感じてしまう曲が異様に多くて、過去の多くのシャッフルの曲などは、正直言って私にはどの曲も同じに聴こえたりしてしまう。彼らの楽曲の中で「曲として」本当に好きなのは "the Ethereal Mirror" に収録されていた代表曲、"Ride" くらいなものだったりするのをここで告白してしまおう。
ま、曲がどーのーぢゃなくて、そのプレイ自身が生み出す超絶グルーヴが私にとって CATHEDRAL の主たる魅力なんで、メタルっ子 Garry Jennings の些細な部分まで丁寧にハーモニーを絡めてくる純メタル的センスにほくそ笑みながら、Tony Iommi (BLACK SABBATH) のお株を奪う絶妙極まりないベンディングと悪魔を呼び覚ますトリルが誘う心地よい不安感に、日々酔っているわけだ。
しかし今回はカーニヴァルの雑踏の雰囲気漂うイントロに続く "Voodoo Fire" の天晴れなインパクトは言うに及ばず、今までになく各曲のキャラが立っている。
VOODOO! FIRE! の叫びが最高にカッコいいその必殺オープニングチューン "Voodoo Fire"、腰の入ったヘヴィ・シャッフル "Satanikus Robotikus"、そしてラストを締めくくる "The Omega Man","Dust of Paradise" のスロー&ダークなドゥーム攻撃2連発・・・シンプルな骨格でありながら、驚くほど緻密に構築することで濃度を高めたドゥーム世界は、孤高であってそれでいながら非常に聴きやすい。そのバランスが圧巻の一言に尽きる。いいぞ!(99/01/25)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 87
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する