Impressions MENU

THE BEREAVED / Darkened Silhouette (2004)

投稿日: 2005/03/20

スウェディッシュ・メロディック・デス・メタル の若き新鋭 THE BEREAVED のデビュー・アルバム from Black Lotus。

クリアな切れ味と共に疾走するデスラッシーな基盤に叙情ハーモニーを奏でまくる2本の扇情ギターを乗っけた AT THE GATES meets 初期 SOILWORK 的なサウンドは、世に言う“超モヒ・タイプ”(笑)としての王道路線。

良い意味でブルータリティが希薄な楽曲は、実は CHILDREN OF BODOM も好きなんだろうな~と思える瞬間もある非常にキャッチーな聴き易いもので、仄かにネオ=クラシカルな扇情力の高いギター・ワークの構築力もたいしたものだ。

そんな楽曲の出来の良さとは裏腹に、迫力のない潰れた呻き型デス声やトリガー掛け過ぎで平坦極まりないパタパタ・ドラム(しかもリズム感もメッチャ悪い…)などの旨味に欠けるプレイや、あまりお金と時間を注ぎ込んでないと思えるやや雑なプロダクションなどの“質”には、Black Lotus の限界をしみじみと感じてみたり・・・。

ただ、狙ってる方向性とそれぞれの曲はホントにイイんですわ。#4 "Vital Organ Theft"#8 "Devil's Deal" などは、もしCD屋の店頭で流れ出したらその瞬間にほとんどのメタラーが「Now Playing」のコーナーに目を遣るだろう殺傷力メチャ高なテーマ・メロディを持つ、明らかに“キラー・チューン”と呼べるものだし。

そんな風に、マジで今後大化けそうな気配をプンプンと漂わせてはいるので、次作にはカナーリ期待しちゃうかも。

 (Mar. 16, 2005)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 76
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する