Impressions MENU

NON HUMAN LEVEL / Non Human Level (2006)

投稿日: 2006/01/20

スウェディッシュ・デスラッシャー DARKANE に在籍するネオ=クラシカル・ギタリスト Christopher Malmstrom 率いるニュー・カマー NON HUMAN LEVEL のデビュー・アルバム。

かの TESTAMENT に通じる古典的なギター・オリエンテッドなスラッシュに近代デス・メタルのエクストリームなアグレッションを加味、そこに Christopher のメロディックなギター・ワークをたっぷりを塗した結果の「初期 ARMAGEDDON がもし真っ当な進化を遂げていたら」・・・的なスタイルは、申し分のない極上の旨味に満ちたもの。

DARKANE での盟友でもある名ドラマー Peter Wildoer をなんとシンガーの座に据え(そのデス歌唱自体はまぁ可も不可もなく…って感じ/汗)、Ryan Van Poederooyen (dr/DEVIN TOWNSEND BAND)、Gustaf Hielm (b/ex-MESHUGGAH Guitarist) らシーンきっての巧者が脇を固めて練られた楽曲は、これまでの鬱憤を晴らすが如くに(…って単なる推測だけどね/汗)ドラマティックに展開させまくる Christopher の泣きの叙情ネオクラ・プレイが、とにもかくにも強烈に輝いている。

この NON HUMAN LEVEL の存在意義を凝縮したかのキラー・チューン #2 "Personal Hell"、ゲスト・キーボーダー Lale Larson (ELECTROCUTION 250) とのプログレッシヴなバトルがスリリングな #5 "Instincts"、激烈にデスラッシーな突撃インパクトが弾ける #6 "Journal of a Nightmare" らのネオ=クラシカル・デスラッシュの完成系とさえ思える楽曲の合間に #4 "The Second Plane", #7 "Water" らの充実のギター・インスト・チューンを配したソロイストらしい主張も実に頼もしいよなぁ。

そんな素敵なこの NON HUMAN LEVEL、一時のプロジェクトではなく、今後の継続的な活動を激しく希望!

 (Jan. 30, 2006)

  • いいね! (1)
  • よくないね! (0)
満足度 : 92
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する