Impressions MENU

CEM KOKSAL / Siyah Beyaz Masallar (2007)

投稿日: 2007/12/20

そのギター・スタイルや Joe Lynn Turner をシンガーに据えた当地でのライヴ活動っぷり等から「トルコの Yngwie Malmsteen」(笑) の異名を取るトルコ人ネオ=クラシカル系ギタリスト Cem Koksal の3rdアルバム。

本作では Senay Lambaoglu 嬢 なる女性シンガーを全面に立てて、哀愁たっぷりのハード・ロックを展開。ほの暗いゴシック風味を漂わせる歌モノのメロディック・ハードは、王道の味わいの中に混入するTurkishならではの独特のエスニックなチープさ(←モチいい意味でのね)が耳を惹く。

ただ、Senay 嬢 の歌唱のやや音痴な不安定さが聴いてて結構気になると共に、Cem Koksal がクラシカル度抑えめな雰囲気モノ的プレイ(聴きようによっては Ritchie Blackmore 風と言えなくもないが…)に終始しているのがちょいと勿体無い感じ。

 (Dec, 26, 2007)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 65
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する