Impressions MENU

ANDRE MATOS / Time to be Free (2007)

投稿日: 2007/11/20

VIPERANGRASHAAMAN と歩を進めてきたブラジリアン・シンガー Andre Matos の1stソロ・アルバム。

前述したそれぞれのバンド/アルバム毎に微妙に変化させてきたスタイルを上手く咀嚼して辿り着いたかのこれまでのキャリアの集大成的ともいえる作風は、思わず「Matos かくあるべし!」という唸り声が漏れる一本筋の通ったもので、Andre が醸し出す線の細げな童貞メロスピ・フィールを、プロデューサ Roy Z & Sascha Paeth がそれぞれ注入した普遍的ヘヴィ・メタルのガッツィーな魅力とふくよかなオーケストラル・アレンジの優美な輝きが支えるそのバランスは、なかなかに絶妙だ。

クラシカルなイントロダクション #1 "Menuett" から高揚感満点に雪崩れ込む #2 "Letting Go" のまさに「いかにも!」な美旋律疾走にグッと来ちゃうのはモチロンなんだけど、IRON MAIDEN, JUDAS PRIEST にも通じるタフな古典風味が迸る #5 "How Long (Unleashed Away)"#6 "Looking Back" の流れにこそ思わず拳を握り締めてしまう自分がいる。例の曲の続編として話題の #10 "A New Moonlight" は・・・うーん、まぁボチボチかな。(汗)

全体的にややお行儀良さげなBaby Metalic調サウンドの中、テクニカルでありつつも荒々しい勢いを滲ませる ANGRA の結成当時のメンバーでもあるギタリスト Andre 'ZAZA' Hernandes のプレイも好みデス。

 (Nov, 02, 2007)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 85
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する