Impressions MENU

GRAND ILLUSION / View from the Top (2002)

投稿日: 2002/06/20

前作であるデビュー作 "The Book of How to Make It" が Burrn! 誌の記者に突発的な高評価を得てしまったために、逆に世間の真性 Burrn!Children(オレ含む/笑)の間では「点数ほどじゃないぢゃーーん!」とマイナスな印象を持たれてしまった悲運のスウェディッシュ・オッサン・メロディック・ハード GRAND ILLUSION の 2nd。
いやー、これが完成された佇まいとは裏腹にアッサリした大陸的淡白メロディが流れ出てたその前作とのギャップを埋めるナカナカの出来で、それほど期待してなかっただけにマジビクーリ。
洗練された緻密なコーラス・ワークが軽やかな叙情を包み込む、アメリカン産業プログレ A.O.R. の流れを汲むメロディック・ロックは、アーバンなオーラ漂う佳曲 #3 "Zeroes and Ones" をはじめ、伸びやかな爽やかさと哀しみの滲む儚さが見事に交錯する、透明感に満ちた煌びやかな空気を纏っている。
スムースなテクニカル・ギターに代表されるインスト・パートの緊張感を飛躍的に UP させたアレンジの方向性の変化もイイ感じ。
ただ、Michael Flexig (ZENO) ライクな伸びやかな歌唱を聴かせるシンガー Peter Sundell が時折張り上げる超超超ハイ・トーンなパートは・・・ちょいとうるさいかも。(汗) 普段のクリアな歌唱は心地いいんだけどねぇ。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 83
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する