Impressions MENU

AKASHIC / A Brand New Day (2005)

投稿日: 2005/12/20

ブラジルのプログレッシヴ・メタル・バンド AKASHIC の、デビュー作以来4年振りとなる「生きててヨカッタ」的(苦笑)2nd アルバム。

完全に「ブラジルの SYMPHONY X」だった前作から一転、本作では聴き易さに重点を置いてバンドを進化させたかの、まさに“成熟”の二文字を感じさせるなかなかの好アルバムに仕上がった。

中心人物であるギタリスト Marcos De Ros のスリリングな激テク・ギター・ワークがリードするプログレ・メタルな装丁はもちろんそのままに、シンガー Rafael GubertRussell Allen (SYMPHONY X), Oliver Hartmann (ex-AT VANCE) を思わせるエモーショナルな歌声を生かした楽曲群は、今回はモロに A.O.R. メロハーな楽曲が収録されていたりとその良質のバリエーションがバンドの独自性 UP に繋がっている感じ。

相変わらずキーボードもいい仕事してマス。一応 Eder Bergozza って名を覚えておこっと。

 (Dec. 09, 2005)

  • いいね! (1)
  • よくないね! (0)
満足度 : 84
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する