Impressions MENU

INTESTINE BAALISM / Banquet in the Darkness (2003)

投稿日: 2003/04/20

日本のメロディック・ブルータル・デス・メタル・バンド INTESTINE BAALISM の 2nd アルバムは、英国の Blackend Records からのリリース。

基盤となるのは、強硬なブラスト・ビートにゲボゲボ・デス・ヴォイスを載せた、キーボード類での装飾を拒んだ硬派なアーリー・スウェディッシュ・デスラッシュなスタイル。
そして、そこに大胆に導入されているのが ARCH ENEMY を思わせる激情タッチで展開されるギター・ハーモニーのメロディックな味わいで、そのメロウなヴィブラートを纏った流麗な叙情フレージングの悶絶感こそが INTESTINE BAALISM の最大の特徴であり魅力だろう。アドリヴ・ソロで少々弾けてない部分はあるけど・・・さ。(汗)

ギター・パートの充実にばかりに耳を捉えられてしまう事実が語るように、イマイチ楽曲の面白みに欠けていたり、下水道一歩手前なデス・ヴォイスの質が少々好みと違ったりはしつつも、こうして我が国から本場の連中と並べても一歩も引けを取らないレベルの作品を作り出せるバンドが登場したというのは、素直に嬉しいね。

アートワークのセンス/質へのこだわり方もナイスだし!

 (Apr. 16, 2003)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 80
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する