Impressions MENU

FURTHEST SHORE / Chronicles of Hethenesse Book 1 : The Shadow Descends (2000)

投稿日: 2000/04/20

NIGHTWISH のキーパーソンである Tuomas がキーボードを弾く(!)フィニッシュ・ロールプレイング(笑)・シンフォニック・ヴァイキング・メタル。
架空の地 HETHENESSE を舞台に、剣と魔法、そしてドラゴン&妖精が乱舞する一大叙情詩を封じ込めたストーリー・アルバムで、何故だか本作は Quorthon そして BATHORY へのトリビュートとの記載が。(謎)
田舎臭いシケシケメロディ(誉めてます)を全編に配した民族型ヴァイキング・メタル・チューンは、Tuomas ならではのキラキラした大仰なシンフォ・アレンジと様式テクニカルギターの好メロディで華麗に彩られ、普通声オンリーのヴォーカルが「味わい以前の下手さ加減」なのは差し置いて、(ま、ポジティブに「語り部」的に捉えておけば、さほど気にはならんが/汗)なかなかの扇情力。
ただなぁ、如何にもマイナー臭ぁいチープな音質が、この壮大なストーリーに没頭させるのをちょっと邪魔するんだよな~。うーむ。。。素材はカナリ美味しいデス。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 77
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する