Impressions MENU

ELEXORIEN / Elexorien (2007)

投稿日: 2007/06/20

オランダのエピック・バトル・メタル・バンド ELEXORIEN のデビュー・アルバム。

そのキラキラなシンフォニック・ヴァイキング・メタルは EQUILIBRIUM, BLACK MESSIAH の系列に並ぶだろうスタイルと言えるも、巨乳美女シンガー Ine Zijlstra タン の柔らかな可憐ヴォイスが響いてきちゃうヴォーカル・パートのおかげで独特の味わいアリ。クサ疾走に乗せて♂シンガーの濁声とデュエットするその雰囲気は、かのイタリアンXaMetaler BEHOLDER の名を想い起こさせたりも。

まだまだプレイ/プロダクションから素人臭さを強力に発散させてはいるけど、ELVENKING にも通じるフォーキーな叙情を封じ込めた佳曲 #7 "Dryads and Trolls" に代表されるように、なかなかにツボを心得たそれぞれの楽曲の出来自体は決して悪くない感じ。ま、今後の成長が楽しみってことで。

あ、Ine タン の他、ベーシスト Liza Hoek 嬢 も女性スよ。 >変態諸氏
 (Jun, 12, 2007)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 76
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する