Impressions MENU

FIREWIND / Forged by Fire (2004)

投稿日: 2004/11/20

オールド・スタイルな新世代ギター・ヒーロー Gus G. 率いるギリシャのパワー・メタル・バンド FIREWIND が Century Media に移籍してリリースした 3rd アルバム。(CCCD)

Gus の一聴して彼のものと判る超パッショネイトなテクニカル・プレイがアグレッシヴに鳴り響く至極正統派なストロング・メタルは、従来の 80's U.S. パワー・メタルの大味な醍醐味に加えて、新たにシンガーの座に就いた Chity Somapala の力強くもしっかりと湿り気を漂わせた歌唱が呼び込んだ欧州風味の叙情テイストがやや増加したっぽいかな?

その Chity の歌唱は、来日公演での笑撃のパフォーマンスの忌わしい記憶が多少軽減されると思える(笑)意外にも上質なもので、Klaus Lessmann (BONFIRE) をパワフルにしたかの(微妙に Klaus Meine ではないところがミソ♪)安定したシンギングは明らかにこの FIREWIND の新たな魅力だ。

ただなぁ、やっぱ曲がイマイチつまんない。前述のように歌はかなり歌えてるし、Gus のプレイ自体も相変わらず悶絶級のタッチが満載なんだけど、リフがあってテーマのギター・フレーズが載って歌メロが重なってサビになってソロが来て・・・と、とにかく「普通のヘヴィ・メタル過ぎ」なんだよね。で、アレンジに凝らない分骨格が魅力的かというと、実はそうでもない・・・みたいな。

楽しみだった #7 "Feast of the Savages" での Marty Friedman (g) との Uli Roth 宗家師弟対決(笑)もボチボチだったし、Chity 同様こちらも本作から参加のイケメン鍵盤奏者 Bob Katsionis も、その天才肌な技&センスの見せ場に欠ける感じで、やや残念な一枚。。。

 (Nov. 22, 2004)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 73
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する