Impressions MENU

MOB RULES / Hollowed be Thy Name (2003)

投稿日: 2003/03/20

ジャーマン・メロディック・メタル・バンド MOB RULES の 3rd アルバム。
謎センスなヘンテコ・ジャケ(笑)こそ相変わらずだが、その内容は前2作を継承した方向性でありつつそのクオリティを大幅にアップさせた「化け」を感じる充実っぷりで、本作で日本デビューってのも充分に納得の一枚。

正統派ヘヴィ・メタルに新世代シンフォニック・メタルの煌びやかさを適度にミックスした重厚かつドラマティックなサウンドは、ドラマー Arved Mannott の叩き出すしっかりと根を張った屋台骨が支える安定感、そしてハイ・クォリティな楽曲を構築するツインギター+キーボードのアンサンブルの妙が端々に噴出させているメランコリックな叙情がナイス。聴いててついつい悶絶するポイントが多いのが嬉しいんだよね。

確かにシンフォニック・メタルとしては少々地味な出で立ちかもしれないけど、オレはこの「落ち着き」が逆に心地良いッスわ。・・・って、ヲサーンだからか?(苦笑)

ただ、シンガー Klaus Dirks の微妙にヘナチョコ気味な声質(歌唱力/表現力は意外と高いと思う)は、好き嫌い分かれるかも。それでも、この男が歌うメロディのキャッチーさの質は EDGUY に通じる何かを感じ取れる魅力的なものであるのは確か。メンバー全員、ルックスは悲しいほどに EDGUY と共通点皆無だけど。(号泣)

あ、Roland GrapowPeavy Wagner がゲスト参加してマス。
 (Mar. 09, 2003)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 84
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する