Impressions MENU

SETHIAN / Into the Silence (2003)

投稿日: 2003/05/20

NIGHTWISHJukka Nevalainen がドラマーとして籍を置き、同じく NIGHTWISH から Tuomas Holopainen がゲスト・キーボード・プレーヤとして参加しているフィンランド産ヘヴィ・メタル・バンド SETHIANSpinefarm 発のデビュー・アルバム。

一応 TO/DIE/FOR, CHARON, ENTWINE 系のメランコリック・ゴシック系という売り方をしてるみたいだけど、これを聴いて「ゴシック」という表現を使用するのは、とりあえずちょっぴりためらってしまうわ。

というのも、確かにシンガー Wilska の朗々とした歌声の感触がそれっぽかったり、ゴシック的な雰囲気を持つ楽曲もあったりするものの、トリプル・ギターというゴージャスな編成を生かしたこの SETHIAN のスタイルは前述のバンド群と比較してはるかにストレートなもので、基本的には普通にキャッチー&メタリックなハード・ロックといってイイんじゃないかなぁ。

とはいえ、その「ゴシック風味」の美味しさがこの SETHIAN の魅力であるもの事実で、鍵盤が醸し出す耽美な息吹き、そしてメランコリックに舞うギター・ハーモニーの妙には思わずニンマリさせられる。

他との差別化という意味ではこの SETHIAN をチョイスする理由はイマイチ希薄だけれど、メランコリックな低音ウィスパーが映える快活ドライヴィング・チューン #4 "Epitaph"(曲名でまず電波が走った!/笑)、哀愁のリフが心を鷲掴みにする #9 "Heavens May Fall"、その雰囲気が何故か KING DIAMOND を想起させるミステリアス&キャッチーなメタリック・チューン #10 "Blood Calling" あたりのお気に入りな楽曲を聴いた時の心地良さは、充分にコスト・パフォーマンスに見合ったものだったデス。
 (May 19, 2003)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 83
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する