Impressions MENU

THE HAUNTED / One Kill Wonder (2003)

投稿日: 2003/02/20

オレ内では、THE CROWN と共に北欧爆裂デスラッシュ勢のツー・トップに位置する THE HAUNTED の 3rd アルバム。

ヤヴァげな不穏さを漂わすスローなイントロ #1 "Privation of Faith Inc." から一転、#2 "Godpuppet" で期待通りの激烈な疾走が始まった瞬間にもう大満足。(笑)

超人系ドラマー Per Moller Jensen の「グルーヴィ」とさえいえる鬼神の如き超絶ドラミングの爆発と、Jensen & Anders Bjorler が湿気たっぷりに叙情を吐露する思慮深いギター・パートが大脳辺縁系をビリビリと刺激する暴虐のエクストリーム・メタルには些かの揺るぎもなく、スピーカー経由で充満する血の匂いに酔ったこの身はこれでもかと言うほどに揺れる揺れる。

THE HAUNTED って、採り上げている題材やアート・ワークの印象のせいか、そのサウンドにどこか都会的な冷淡さ/スマートさを漂わせてるのがとってもクールなんだよね。それと、疾走曲では天駈ける軽やかさを、そしてスローな曲では腰に響く重量感を・・・と、その状況によってキメとなるポイントを巧みに掴みながら、「実速度」に依存しない高揚感を演出する術に長けているところも◎。

確かに本作ってば前作と比べて特にこれといった目新しさはないし、非常にコンパクトに纏まっていてアッという間に終わっちゃう印象なのが物足りないと言えば物足りないんだけど、聴いててとにかく気持ちイイからコレはコレでアリってことで全然いいや。
 (Feb. 23, 2003)

  • いいね! (1)
  • よくないね! (0)
満足度 : 86
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する