Impressions MENU

GANDILLION / Perrenette Gandillion (1999)

投稿日: 1999/05/20

輸入盤店の雑誌広告にて NIGHTWISH が引き合いに出されていたので興味を持ったが、なんの事はない。全然ちゃいまっせ。(予想通り/苦笑)
冒頭の "Covent Garden" のスピーディーなリズムと女声が入ってくる所は確かに一瞬 NIGHTWISH を連想させなくもないが、この GANDILLION の方がより耽美で浮遊系でプログレッシヴだ。
プログレ畑独特の知的な笑みを浮かべたメンバーショットの風貌からも窺えるように、明快でメロメロな展開を見せるというわけではなく、ひねりを効かせたやや難解で思想/哲学的な曲構成を身上としているよう。
とは言っても、ヴァイオリン、アコースティックギターをも操るキュートな女性シンガー Femke Feenstra のキャッチーな歌メロは十分に哀愁の魅力に溢れているし、その他の楽器陣による変幻自在の迷宮の如きマジカルな音世界も相当に魅力的で、本作のハイライトである6部構成の一大組曲 "Perrenette Suite" などは、聴き応えたっぷりで圧巻の出来。
しっかしなんでもイイけどこのドラマー Raymond van Uffelen ってば超絶にバカテクでヤンス。(99/05/07)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 81
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する