Impressions MENU

NIGHTRAGE / Sweet Vengeance (2003)

投稿日: 2003/07/20

EXHUMATIONMarios Iliopoulos (G) 率いるギリシャ&スウェーデン混成のオールスター・メロディック・デス・メタル・バンド NIGHTRAGE のデビュー盤。
その「オールスター」なメンツはこんな↓感じ。

Marios Iliopoulos – Guitars (ex-EXHUMATION)
Gus G. – Lead Guitars (DREAM EVIL, FIREWIND, MYSTIC PROPHECY)
Tomas Lindberg – Vocals (LOCK UP, ex-AT THE GATES, THE CROWN)
Tom S. Englund – Melodic Vocals (EVERGREY)
Brice Leclercq – Bass (?)
Per M. Jensen – Drums (THE HAUNTED)

Gus G. のエモーショナル&スリリングな美旋律と Tom S. Englund による情念歌唱が担うメロディックなパートをサポート的に配した、激烈に疾走したりヘヴィに攻めたりと緩急に気を配りながら爆発する整合感溢れるエクストリーム・メタルは、まさに各メンバーの出自を真っ当にミックスしたという表現方法が適当か。

ただ、音像こそメッチャカッコイくて第一印象は◎なんだけど、よーく聴くと実は楽曲自体がスゲーってよりはソコソコに出来が悪くない楽曲でそれぞれのプレイの味わい(Per M. Jensen の獣性満点のエモーショナル・ブラストをはじめ、これはカナリ豊富)を堪能するって感じになっちゃって・・・もしかしたら飽きが来るのは早いかも。皆が遠慮しあってるような変な地味さが感じられるのも気になるな。

つーかこの NIGHTRAGE ってバンド、ぶっちゃけ Gus 君がいるから気になっただけだわ、オレ。(苦笑) 冷静に考えてみたら EXHUMATION もパスだったし、Tomas Lindberg の歌も特に好きじゃないしなぁ~。あはははは・・・はぁ。

まぁ、それなりに楽しめるカッコいいデス・メタルであるのは事実ではあるんで、しばらく聴き続けると思いマス。
 (Jul. 04, 2003)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 80
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する