Impressions MENU

ZERO HOUR / The Tower of Avarice (2001)

投稿日: 2001/05/20

米国はカリフォルニア産のテクニカル・プログレッシヴ・メタル・バンドの 2nd。
4人のメンバーの高次元な技量が対峙する、難解でめまぐるしい展開から生まれる息苦しい緊張感は、WATCH TOWER, CYNIC, ATHEIST, SPIRAL ARCHITECT らの一連の流れを汲む一級品の変態の装い。
そんな中でこの ZERO HOUR ならではと思えるのが、シンガー Erik Rosvold の熱くメタリックな歌唱がリードするメロディックな流れ。自己満足一歩手前の迷宮的サウンドながら、彼の歌うメロディは「聴きやすさ」そして「楽曲への感情移入」という点で、十二分に威力を発揮しているね。
圧迫する音の壁から滲み出る、プログレ・フィールドを思わせる程よい「隙間感」もグーだわさ。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 81
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する