Impressions MENU

CIRYAM / W Sercu Kamienia (2006)

投稿日: 2006/07/20

ポーランドのシンフォニック・ゴシック/プログレッシヴ・ロック・バンド CIRYAM の2rdアルバム。

意外なテクニカルさを披露するギター・パートを中心に、前作より更に欧風シンフォニック・メタル風味のパワフル&ドラマティックな傾向を強めてはいるが、クール・ダウンするディープ・パートでの彩度の低い荒涼感や看板歌姫 Monika Wegrzyn 嬢の現地語中音域歌唱の魔術的な響きなどが漂わす全体の空気感は、やっぱりどーしたって完全にダークな辺境プログレッシヴ・ロックのそれなんだよなぁ。

ドタバタとまとまりのないサウンドの完成度自体は決して高くないが、各メンバーの素養に深そうな良質プレイが生むオーガニックなグルーヴ、そしてそれによる前衛的な独創アレンジのいい意味での居心地の悪さ(ナンダソレ?/汗)など、ついついリピートしてしまう不思議な魅力アリ。

 (Jul, 08, 2006)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 76
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する