Impressions MENU

PRETTY MAIDS / Anything Worth Doing is Worth Overdoing (1999)

投稿日: 1999/03/20

いささか迷走状態だった PRETTY MAIDS にとって起死回生の一打となった前作 "Spooked" は、彼らの持ち味である「柔硬のバランス」が絶妙に釣り合ったまさに名盤だった。そしてこのまま軌道に載るのかそれとも "Spooked" がまぐれだったのかを占う重要な一枚が本作だ。
ドラマティックになイントロから大仰に展開する疾走ヘヴィ・メタル・チューン "Snakes in Eden"、そしてもう一発疾走メタル "Destination Paradise" で駄目押ししといて、前作において彼らのPOP サイドのセンスを爆発させた "Never Too Late" と同路線の佳曲 "Hell on High Heels" へと続いて行く・・・。
Ronnie Atkins は画一的な声の使い分けながらも「さすが年の功!」と唸らされる表現力の豊かさを見せ付けているし、Ken Hammer もイマイチ「激情」が稀薄ながらも丁寧に美旋律を放射し続けている。
悪くはない・・・しかし曲が進むに連れ、次第に冷静になって行く自分を感じてしまう。そしてどうにも爆発しきれないもどかしさが全身を包む。「意外性の無さ」「予定調和」・・・いつもの私であればさして気にもしないこの2つのパラメータのネガティヴな響きが、それらを跳ね除けるほどの突出した楽曲が無いために重~くのしかかってくる。
・・・って言いつつも攻撃的な疾走チュ一ン "Only in America" とか感動的なバラード "With These Eyes" とか「イ~ネ~」って言いながら聴いてるんだけどね。(苦笑)
果たして柳の下にドジョウは2匹いるのか? それとも・・・?(99/03/05)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 81
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する