Impressions MENU

EDENBRIDGE / Aphelion (2003)

投稿日: 2003/02/20

オーストリア産女声シンフォニック・メタル・バンド EDENBRIDGE の 3nd アルバム。
前作に比べクオリティと煽情力を共に大きくアップさせたシンフォニック・アレンジ、そして細かなヴィブラートの癖が抜けてさらに癒しパワーが増した感のある Sabine Edelsbacher 嬢が歌う劇メロの充実が確かなステップ・アップを感じさせる力作。

NIGHTWISH に倣ったドラマティックで壮麗な楽曲がある種の涼しさに包まれた薄味な風味であるのがこの EDENBRIDGE の独特の魅力なのだが、今回は端々に「伝説のイタリアン XaMetal バンド」(苦笑)ATHENA にも通じる悶々としたメランコリーが散見できるのが妙に心地良かったり。

・・・と概ね好印象な本作だけど、リーダーのカッコマン Lanvall のギター・プレイがやっぱり超々苦手なのが、オレにとっては致命的。その線の細いプレイがなぞる感情移入の希薄なフレーズ運びは、聴いているともどかしさになんだかムズムズしてくるほどで、もっと極端に言っちゃうと・・・聴いてて苦痛なのよね。あー、これがなければもっと好きになれるんだけどな、このバンド。そんな苦痛をおしてまで毎回買っちゃう程に魅力を感じてはいるだけに、ソレだけが残念無念・・・。

あ、9分超の大作 #11 "Red Ball In Blue Sky" では D.C.Cooper がゲストで Sabine タンとデュエット。その部分だけ、見事に彼色に染まってます。(笑) (Feb. 02, 2003)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 79
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する