Impressions MENU

SWALLOW THE SUN / Ghosts of Loss (2005)

投稿日: 2005/10/20

フィンランドのメロディック・デス/ドゥーム・メタル・バンド SWALLOW THE SUN の、ヲパーイジャケ万歳!な 2nd アルバム。

FUNERIS NOCTURNUM の新旧メンバー3名を含むツイン・ギター+キーボード編成の6人組が遅く、重く、深く、暗く描くのは、とてつもない悲しみがドゥーミー&フューネラルに沈み込む冥界の風景画。

その絶望的な情景美は KATATONIA, MY DYING BRIDE らの先人の名を思い浮かばせるものではあるし、楽曲や展開を構成する素材や手法も特に真新しいものではない。が、シンガー Mikko Kotamaki の神もが呪われるディープ・グロウルの業深き威力、賽の河原に咲き乱れる死の花々が目前で開花するユートピアンな安穏フィール、そして2本のギターと壮麗なシンフォニーが交錯する叙情アンサンブルが奇跡的なバランスで配合された本作の、トリップ・ミュージックとしての要求を完璧に満たした上でゴシカルなへヴィ・メタルとしての解り易さをも備えているという恐ろし過ぎる完成度の前に、My 背筋は終身解凍不可なほどに凍りまくりだ。

オープニングでいきなり12分弱に亘って壮大な暗黒叙事詩が繰り広げられる #1 "The Giant"、快活な躍動美すら感じさせる印象的なリーダー・トラック #2 "Descending Winters"、穏やかなノーマル・ヴォイスの激情コントラストが良質の泣きを誘う悶絶ゴシック・チューン #5 "Fragile" らをはじめとする濃厚な全8曲でトータル65分59秒というヴォリュームの大作だが、聴き始めたらアッという間に終わっているかの各楽曲の惹きの強さもまた強力。

こんなスゲーバンドをこれまでどうして知らなかった?と思ったら、前作 "The Morning Never Came"、以前ユニオンで見かけてスルーしてたわ。。。我テラ愚かナリ。

 (Oct. 10, 2005)

  • いいね! (1)
  • よくないね! (0)
満足度 : 94
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する