Impressions MENU

SOLEFALD / Red for Fire - An Icelandic Odyssey Part 1 (2005)

投稿日: 2005/11/20

BORKNAGAR, ?SMEGIN, CARPATHIAN FOREST, VINTERSORG に 籍を置いたりしてる Lazare (vo.syn,dr) と Cornelius (vo,g,b) の二人によるノルウェーのプログレッシヴなデス・メタル・ユニット SOLEFALD の 5th アルバム。

アートワークに描かれたソレ系な紋章とルーン文字チックなバンド・ロゴ、そしてメンバー・クレジットでの“Wolf Vioces”,“Viking Axes”ってな表現からして、もしや今回は超ヴァイキングな作風か?!・・・とあらぬ期待したんだけど・・・やっぱ、これまでの作品同様のしっっっかりとアヴァンギャルドなエクストリーム・アート・メタルでした。。(^o^;

それでも、整然とした混沌の中にサックスが響いたりするそのミクスチャーなサウンドのアダルトな手触りの中で安らぐメロウな叙情美は相変わらず相変わらず魅力的だし、朴訥なメロディやヴァイオリン等のオーケストレーションのフォークロアな装いから確かに感じられる仄かなヴァイキングっぽさに思わず身を乗り出すこともしばしばで、即効性は薄いもののそれなりにじっくり楽しめそうではあるね。

Part 1・・・ってことは、続編もあったりするんかいな?

 (Nov. 01, 2005)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 78
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する