Impressions

STORMWARRIOR / Heading Northe (2008)

投稿日: 2008/05/20

ジャーマン・トゥルー・メタラー STORMWARRIOR の、約4年振りという意外な長さのスパンを経ての3rdアルバム。

北方の祖国を目指して大洋を進むヴァイキング船団を描いた至高のアート・ワークからして今回はヤヴァいと思ったんだけど(狂)、その直感は大当たり。この4年の間に何があったのか、これまでとは桁違いのスケール感と課題だった個々の楽曲の魅力を手に入れて、4作目にして紛う事なき最高傑作を提示してきた。

極初期 HELLOWEEN / GAMMA RAY 直系のコテコテの剛直疾走パワー・メタルは従来どおりに、旧来のオールド・メタル魂を愚直に突き詰めると共に、降り注ぐ豪雨、戦意を滾らす角笛、生き物のようにうねる波、嘶く馬の疾駆といった効果音を絶妙に配し、テーマに据えた北欧神話由来のエピックなヴァイキング・テイストを上手く創出している様が実に美味しい。

本作でなにより嬉しいのは、前述したとおりの個々の楽曲の充実。郷愁の疾走に魂を鼓舞させられるタイトル・トラック #2 "Heading Northe"、♪Warrior, Great Warrior の叫びが耳から離れない激走バトル・メタル・チューン #8 "Remember the Oathe"、そして勇壮な低音コーラスに身悶えを禁じえない #9 "Lion of the Northe" を始め、これまでの作品にはなかったような印象的な楽曲の連続がマヂでヤヴぁい。

これはもう「ジャーマン・メタルのフォーマットを借りたヴァイキング・メタル」ですよ!

 (May, 20, 2008)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 90
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する