Impressions MENU

METALIUM / Nothing to Undo: Chapter VI (2007)

投稿日: 2007/12/19

ジャーマン漢汁噴射メタル・バンド METALIUM の6thアルバム。

剛健なエッジが焔を滾らす焦熱のメロディック・メタルは、Henning Basse (vo), Matthias Lange (g) 両者のパフォーマンスのタフ化によって一層ガッツィーになった印象。もちろん Lars Ratz 先生 (b) のうねるブースト・ベースも気持ちヨス。

ただ、楽曲的にはここ数作の中ではちょっと弱めかな。ライヴで盛り上がりそうなコール・パートがきっちりと配された決して出来の悪いものではないんだけど、強力なメロディを持つ決め曲が見当たらないのが残念。

 (Jan, 30, 2007)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 76
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する