Impressions MENU

BURNING RAIN / Pleasure to Burn (2000)

投稿日: 2000/10/20

衝撃の復活を遂げたデビュー盤の名を汚さぬ快心の 2nd。
火の粉を散らしてラウンドするハード・ドライヴィンな 80年代後半~90年代初頭スタイルのアメリカン・メタルは、Keith St. John のブルージーなヴァイヴ、そしてそこかしこで乱舞する Doug Aldrich のエナジーとエモーションの噴出が結果的に超テクとなって噴出する鳥肌ギターによって暖かな人肌の生命を与えられている。
全体の毛色とはちょっと異なるものの、哀愁 HR の超佳曲 "Cherie Don't Break My Heart" がハートを鷲掴み。いやぁ、イイ曲だわ。
Doug Aldrich よもう一度表舞台に!

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 85
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する