Impressions MENU

WINDS / Reflections of the I (2002)

投稿日: 2002/05/20

ノルウェーのアトモスフェリック・アート・メタル・バンド(プロジェクト?)WINDS の、待望の 1st フルレンス・アルバム。
MAYHEM 他の活動で知られるブラック・メタル界屈指のドラマー Hellhammer こと Jan Axel von Blomberg、そして彼の ARCTURUS での同僚であった Carl August Tidemann (g) が在籍してはいるものの、実はバンドの中心人物はキーボード奏者 Andy Winter であり、ココで聴けるのはブラック・メタルとは無縁の「癒し系」とさえ喩えれよう穏やかなヘヴィ・メタルだ。
シャープかつヒューマンなドラミングを土台に、しっかりと刻まれるメタル・リフ、丸みを帯びたネオ=クラシカルなテクニカル・ギター、そして叙情を歌い上げるクリア・ヴォーカルらが、ふくよかな弦楽を身に纏いながらゴシック的な幽玄さを伴って浮遊する楽曲は、なんとも不思議な感触。
ただ、やや自己満足的な実験風味を感じさせる部分が醸し出す「捉えどころの無さ」が、この魅力的な叙情世界をついつい聴き流させてしまう。
本編の後にデビュー MCD "Of Entity and Mind" を全曲再収録しているが、こうして続けて聴いてみると全く違和感が無く、期待を感じさせた当時の楽曲群から何ら変わらぬスタイルの曲を増やしただけのフル・アルバムになってしまったような印象なのが、チョイト残念だな。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 78
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する