Impressions MENU

REQUIEM / The Arrival (2002)

投稿日: 2002/04/20

SONATA ARCTICA に続く!」と極東の島国日本のそのまた極一部で(汗)話題の、元々はデス・メタルを演奏していたフィンランド産メロディック・メタル・バンド REQUIEM のデビュー盤。
つっても、ここで展開されているのはイワユル「メロスピ(あ~この略し方嫌い~)」とは確実に一線を画す、DREAM THEATER, SYMPHONY X に通じるプログレッシヴさをも表層に現したネオ=クラシカルかつプログレッシヴな独特のメタル世界。
シンガー Jouni Nikula の、ハイトーンも出るには出るけど主にマターリした中音域を主体とした時にダーティな吐き捨てを武器にする Marco Hietala (TAROT, SINERGY, NIGHTWISH) を髣髴させる歌唱に抵抗感を憶える人の存在を感じながらも、このバンドが持ち合わせた往年の旧き良き北欧メタルの透明感を今に伝える絶妙なメロディ・センスが実に美味しい!
そして、疾走しながらも悶々としたウェットなネオ=クラシカル風味を発散する Arto Raisala, Teemu Hanninen のギター・コンビのマイナーバンドらしからぬ超テク・ギター・プレイ、そしてキーボード奏者 Henrik Klingenberg が聴かせる非凡な音色/アレンジセンスに代表される演奏陣の意外なほどに深みのあるプレイから漂う「本物の香り」には、今後その動向を注目し続けなければいけない重要なバンドの登場だ!とついつい色めき立ってしまう。
リズム・ギターで顕著な薄っぺらいプロダクションはご愛嬌。(汗) それが原因と思われる絶妙な不安定さ(笑)がマニア心をくすぐるのだぁ!とやや偏執っぽく好意的に解釈するのが吉ですな(苦笑)
#5 "The Invisible Touch" は、本年度ベスト・チューンにノミネート確実な必殺悶絶メロディック・スピード・メタル!

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 85
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する