Impressions MENU

VALENTINE / The Most Beautiful Pain (2006)

投稿日: 2006/04/20

2004年の最初のアナウンス以来長らくリリースが見送られていた和蘭のナル系ハード・ポップ貴公子 Robby Valentine 様の 7th アルバムが、この度ようやく Frontiers からリリース。

QUEEN をはじめ ELO, David Bowie, Tori Amos, LED ZEPPELIN, Prince, Roy Orbison らの '70~'80s から果ては BACKSTREET BOYS, Britney Spears に至るまで、ポップ・ミュージックへのオマージュをカミング・アウトするドラマティックなパクリッシュ・ポップは、今回も安心の Robby 様ワールド。

今回、妙に寄せ集め感が強いのと、一部で見せるヘヴィでモダンなアプローチが「超上っ面舐めただけタイプ」なのがやや気になりつつも、ZINATRA の名曲 "Love Never Dies" を彷彿させるドラマティックなピアノ・バラード #5 "The Cold and Lonely Lie"、ティピカル AOR ハードの佳曲と言うに相応しい #11 "How Many Times" の2曲がカナーリの素晴らしさだったので、万事オーケー。

ちなみに、新作となる 8th album "Falling Down in Misanthropolis" も、Frontiers より初秋に発売予定・・・らしいよ。(全然信じてない/笑)

 (Apr. 22, 2006)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 80
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する