Impressions MENU

OLD MAN'S CHILD / The Pagan Prosperity (1998)

投稿日: 1998/01/01

「究極の様式美ブラックメタル登場!」ディスク・ユニオン店員によるそんな説明書きにそそられて買った一枚。
そしてその真偽は・・・というと「究極」かどうさかさて置き、確かにそのキャッチは的を射たものと言える。悲しみのメロディを細かくピッキングするリフとそれを彩るひんやりとした感触のシンフォニックなシンセ構成された曲に、ネオクラシカル一歩手前のギターが乗る。白塗りブラック(って妙な表現だ!)ではあるが、哀愁を帯びながら疾走するパートのスピードは控えめで、ヴォーカルのスタイルもギャアギャア喚くブラック声と「ヴォー」というデス声の中間に位置し、クリアで抜けの良いプロダクションもあってとても聴きやすい(!?)。
バカテクではないが自分の持つ技量の中で最大限にソロをうまく聞かせようとするギタリストの心情が、無理な早弾きソロで曲そのものを破綻させてしまっているバンドの多いブラック・メタル界中で OLD MAN’S CHILD を TOP クラスに押し上げている。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 83
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する