Impressions MENU

RIOT / Through the Storm (2002)

投稿日: 2002/09/20

うわぁ・・・すんげー地味。でもこれを聴いていて、RIOT は 1988年の "Thunder Steel" から14年を経て、この 12th アルバムにしてやっと本来居るべき位置に戻りつけたんではないかな・・・という妙な安心感を得ることができた。
ナチュラルにドライヴしたトーンの乾いたギター・リフに叙情的なカウンター・メロディを配した攻撃的なハード・ロックは、大味なのか緻密なのかよくわからない(苦笑)ながら、欧州の愁いと米国的な乾きの融合した魅力を確かに感じさせている。
不似合いなパワー・メタル路線(もちろんそれらの中にも心惹かれる佳曲やパートはあったよ)から完全に脱却したかのようなリラックスした楽曲がズラリと並ぶこの作風は、まさに往年の「アメリカの中堅ハード・ロック・バンド」だけが持っていたもの。
この路線だと、大好きな Mike DiMeo の歌がさら生きてくるのも嬉しいんだよね。クドくなり過ぎない適度にソウルフルな情熱的歌唱が、キャッチーなメロディにある種の「煮え切らなさ」を付加してるのがマジたまんない。ホントにいいシンガーだわ。
そして Mark Reale。主にファスト・プレイでテク的に明らかな衰えを窺わせているんだけど、そのエモーショナルな魅力はなんら損なわれていないどころか、その危なっかしさが逆にレトロな老獪さの演出に奏効してすらいるかも。(・・Positive Thinking にも程があるってか/苦笑)
うん、やっぱこの路線が今の彼等には自然なんじゃないかな? 地に足のついたドラミングを聴かせる Bobby Rondinelli も適役だし。
とはいっても、実は "Born in America" 以前より "Nightbreaker" が最高なオレとしては、「ちょ、ちょっと遡り過ぎぃ~!」ってのが正直なところではあるんだけど。(汗)
あ、モダン要素を絡めて唯一浮き気味な #8 "Essential Enemies" って、WESTWORLD でやれば丁度よかったんじゃないのぉ???

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 84
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する