Search Results MENU


LOUDNESS
Thunder from the East (1984)

アメリカメジャー進出第一弾。HMの何事かをよく理解した力作。


LOUDNESS
Shadows of War (1986)

柳の下にどじょうは2匹いなかった。悪くはないが、耳を惹くところもない。


LOUDNESS
Hurricane Eyes (1987)

アメリカでもがく哀れな姿が封じ込められている。方向性に一本筋なし。


LOUDNESS
Soldier of Fortune (1989)

VOが好きなせいか、かなり良い。懲り過ぎて無駄なアレンジは相変わらず。


LOUDNESS
On the Prowl (1991)

新曲が余りにつまらな過ぎる。


LOUDNESS
Loudness (1992)

今度はパンテラ化!? 高崎の異様にうま過ぎるGだけがギラリと光る。


LOUDNESS
The Birthday Eve (誕生前夜) (1981)

衝撃のデビュー! 日本にこんなバンドがいるというだけで幸せだった。


LOUDNESS
Devil’s Soldier (戦慄の奇跡) (1982)

チープな音だが、色々なことを試しながらもHMらしい2ND。


LOUDNESS
The Law of Devil’s Land (魔界典章) (1983)

あまりにも凄過ぎる IN THE MIRROR。我を忘れて聞きまくった。


LOUDNESS
Disillusion (1984)

撃剣霊化の英語ヴァージョン。DREAM FANTASY が名曲。


LOUDNESS
Disillusion (撃剣霊化) (1984)

名曲揃い。少しマイルドになったが、それが独特のムードを醸し出している。

作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する