Impressions MENU

ARCARA / A Matter of Time (1998)

投稿日: 1998/01/01

PROPHET (!)のシンガーだった Russell Arcara 率いるバンドの2nd。
Russell がプログレッシブなハードロックバンドだった PROPHET にAORの都会的整合感を持ち込んだ功績は大きく、このリーダーバンド ARCARA でも70~80年代のアメリカン・ニュープログレッシブ・ムーヴメントの流れを汲みつつも A.O.R.フィーリングをふんだんに湛えたそのサウンドでその手のファン(モチ私を含む!)の涙を絞り取ることに成功している。
特に頭3曲のインパクトは強く、最初に聞いたときには思わず一人で歓声をあげてしまったほど。長く楽しめそうな好盤だ。
本作での音楽面でのイニシアチブはギターの Stephen Deacuitis が握っているものの、ここで聴くことのできるスペシャルなクオリティは、Russell のインプットがかなり大きいに違いない(贔屓の引き倒し・・・)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 85
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する