Impressions MENU

MOURNING BELOVETH / A Murderous Circus (2005)

投稿日: 2005/04/20

アイリッシュ・モーンフル・ドゥーム・メタル・バンド MOURNING BELOVETH の 3rd アルバム。

超スローに引き摺る陰鬱ヘヴィ・リフと寂寥たる暗黒アコギが、地獄の使徒の如きグロウルとメランコリックなクリーン・ヴォイスを伴って仄かな美旋律を染み込ませながらゆっくりと反復を繰り返す11分から19分までの尺を持つ全5曲計75分間(限定デジパックの2曲のボーナス含めると90分超!x_x)は、徐々に精神を蝕まれる感触が心地良い極上の拷問タイム。

聴いてて自分の中に潜む鬱気が一気に表層に浮き出るかの初期 MY DYING BRIDE, 初期 OPETH に通じるフューネラルな漆黒の空気に包まれながら、サイケやアバンギャルドな方向に強く拡幅せず、ツイン・ギター編成を生かした劇的な展開や荒涼とした哀メロを軸とした「真っ当なドゥーム・デスっぷり」が育む聴き易さ(ってほど聴き易くは全然ないけど…/汗)がイイ感じ。

単調な反復をツボな長さよりやや長めに引っ張り過ぎる場面も多く、正直それが冗長さを感じさせている部分が少なくない。実際、最初の何回しかは毎回途中で寝ちゃったし。(苦笑) ただ、それでも懲りずにリピートさせるだけの底知れぬ奥深さと「慣れてこその快感」が存在するのも確かなんだよね。

今回買った限定2CDデジパックには過去の楽曲中心の4曲のライヴ・トラックスが収録されているんだけども、その中の "The Mountains are Mine", "Narcissistic Funeral" が本作以上にドラマ性に満ちた激しくツヴォな楽曲でビックリ。それらが収録された過去のオリジナル・アルバムも追々買わなきゃだなぁ。

 (Apr. 18, 2005)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 84
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する