Impressions MENU

TERRY BROCK / Back to Eden (2001)

投稿日: 2001/06/20

多分死ぬまで(死後もだな/苦笑)「元 STRANGEWAYS」と冠され続けることがほぼ決定済の Terry Brock の初 Solo Album は、彼の Melodic Rock に対する敬愛がたっぷりと詰まった Melodic A.O.R. Hard の驚くべき名盤に仕上がった!
伝説の Singer のベールを脱ぐこととなった、先の THE SIGN の Album では「なかなか」ではあったものの「凄い!」という感想を抱くまでには至らなかった Terry Brock の歌唱だが、ここでは、それとは比較にならぬほどの「伝説」になりうるのが納得の Steve Perry (ex.JOURNEY) の伸びやかさと Chris Ousey (HEARTLAND) の渋さを兼ね備えたと形容できよう、凄みに溢れた Emotional な歌唱を聴かせてくれている。1フレーズの中で Power をかけるところと抜くところのツボを心得た丁寧な歌唱は、マジ心に突き刺さってくるね。
そして、何と言ってもその歌唱を包み込む楽曲が、ホントに素晴らしいッたらありゃしない。即脱糞必至の哀愁 Hard Pop の超佳曲 "Up All Night"、"Back to Eden" を始め、Sophisticate されつつも Hard Rock の Edge に身体が反応する Energy に覆われた澄みわたる開放感の中にしっかりと悶々の哀愁が存在するという、JOURNEY, SURVIVOR の全盛期に迫る充実度を誇る Best Tune 候補級の佳曲がゴロゴロ存在するんだもの。
歌中心ながら、何気に大人の超絶 Play を見せつける Instrument 群の充実も聴き逃せない Point。ちゃんと Feature されている Wet な Guitar も◎!

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 91
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する