Impressions MENU

SNAKE CHARMER / Backyard Boogaloo (1998)

投稿日: 1998/09/20

「北欧」を謳いながら明るめのストレートなハードロック中心だった前作 "Smoke and Mirrors" が「そこそこ」だったので買い控えていたが、意を決して聴いて驚き! 前作とは比較にならぬほど聴き所の多い素晴らしいアルバムぢゃないですか!
とにかくよく洗練されている。まず耳につくのが極めて都会的なキーボードのアレンジで、全体的に以前の「ハードポップ」というよりはAOR HR の趣なのが嬉しい。天才 Jens Johansson (My Favorites に入れとこっと)は、鬼気迫り系だけでなくこーゆーのを弾かせても天下一品。"Free Floating" のグッとアダルトに迫るエレピなどはチビリそうに渋い!
そして新ギタリストの Benny Jansson が巧みに織り込むフックが超魅力的。彼は北欧ハードポップの超名盤 ERIKA"Cold Winter Night" でも弾いていたが、その貧相なルックス(失礼!)からは想像も付かないテクニシャンだ。前任者の「いかにも北欧」的なマイルドな様式プレイはもちろん、壮絶なネオクラシカル・フレーズとうねるペンタトニックを絡ませながら、時にJAZZ/FUSION 的なスリリングかつハイセンスなアウトスケールを織り込み、それでいて燃え滾るパッションを放射する様は驚異的だ。
で、忘れちゃならぬ Mr.北欧ヴォイス Goran Edman。彼ってどんなに良い感じに枯れてきて深みが増そうが、声自体が「北欧メタル」なんだよナァ。本作でもAOR HR にしっかりと北欧メタル味を加える事に成功している。(しかも無意識に! ^_^;)
疾走する哀愁AORチューン "Need a little Help"、ほのぼのとした哀愁を振り撒く "Pretty Little Small Town Girl" など佳曲も多く、本作を今回買い逃したまま一生を終えるところだったと思うと本当にゾッとするってば。
追伸:唐突に SILVER MOUNTAIN 的な民族メタル(未洗練/爆)を聴かせるボーナストラック "Heart of a Demon" はご愛敬。まさにボーナスだ。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 86
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する