Impressions MENU

KAYAK / Coming Up for Air (2008)

投稿日: 2008/12/20

今年(2008年)で結成35周年を迎えるオランダの老舗プログレッシヴ/メロディック・ロック・バンド KAYAK の15th(?)アルバム。

2000年に19年振りの復活を果たして以来、再び素晴らしい作品を作り続けてくれている彼らだが、本作も例に違わずグレートな出来。叙情味に溢れた温かな美旋律を、展開美に溢れるクラシカルなアンサンブルと特級のポップ・センスで描くドラマティックな KAYAK ワールドのエレガントな優美さは、もはや神レベル。

男女ツイン・ヴォーカル体制は変わらずも、Bert Heerink (vo/ex-VANDENBERG) は前作を最後に脱退し、本作では前作で客演していたオリジナル・シンガー Edward Reekers (vo) が完全復活。(祝) そのジェントルな渋みに満ちた歌声に、改めて惚れ直させられたデス。

死ぬまでに一度はライヴ観てみたいぞ・・・って、もし生で "Merlin" 観たらその場で即身成仏しそうだけど。(笑)

 (Dec, 11, 2008)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 87
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する