Impressions MENU

KAYAK / Night Vision (2001)

投稿日: 2001/12/20

ダッチ・シンフォニック・ロック・バンド KAYAK の、奇跡の復活作 "Close To The Fire" に続く新作!
本作でシンガーの座を務めるのは、なんと元 VANDENBERGBert Heerink !! オレら世代にとっては、それだけのことで超悶絶ですわな。
欧州の叙情美に包まれていると同時に、独特のキャッチーな優しさ・・・そしてアダルトなポップ・フィールさえも感じさせるそのサウンドは健在どころかますます意気盛んに進展しており、プログレッシヴ・マインドを満足させる "Icarus", "Tradition" に代表されるスリルが高揚するドラマティックな大仰チューンはもちろん、セーターに身を包んだ紳士&淑女が初冬のリゾート地でカップを手に微笑むインスタント・コーヒーの CM 曲の如き和みフィールを発散する "Cassandra" らの「ポップス」と言い切ってしまっても全然違和感の無い軽い曲までもに、涙腺を刺激する風景的要素がぎっしり詰まった美味しい一枚だ。
お楽しみの Bert Heerink の歌唱は、当時の味わいを再び・・・という点では正直言って喜びは控えめだったが、そのベテランの旨味に溢れた哀愁声は彼の新たな魅力として広く認知されるに相応しい味を聴かせていて、この KAYAK とのマッチングもバッチリということでこれからの活躍に期待させるね。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 87
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する